歴史

蜂 1960年代にチアパス州、メキシコで農業・漁業において長官としての立場を維持しながら、創設者ゴットホルト・ボイテルスパッヒャー氏(Gotthold Beutelspacher)はこの産業についての深遠な理解を得ることを認めた地元の養蜂家と密接に働いてました。

養蜂家の活動や地域のハチミツの優れた品質に触発され、ボイテルスパッヒャー氏はチアパス州からの蜂蜜を輸出し、かつ地方養蜂産業の開発を促進する目的で、1980年に「Productos Naturales del Campo(草原の天産物)」を創立しました。

創立以来、所有者は有望な機会を追求することを熱望してきました。当初は、製品の品揃えは、チアパス州から排他的に蜂蜜の種類の数が少ないが含まれていた。しかしながら、新しい家族に所有された子会社(それらは企業創設者の子どもによって1990年代にユカタン半島およびメキシコ中部で設立された)は、家族が国産蜂蜜の多彩なタイプを提示することを可能にしました。

蜂メキシコでの好調な成長の直後、イングリッド・ボイテルスパッヒャー夫人(Ingrid Beutelspacher)は、もっとも重要な市場が位置するベルリン・ドイツにて販売会社、アピミエル有限会社(Apimiel GmbH)を開業しました。
その時以来、新たな機会が信頼できるパートナーおよび専門の協同組合と接近して、取引関係が確立されたアルゼンチン、チリ、ウルグアイおよびブラジルで私たちは製品販売を拡張しました。

今日、我々はこの場所から世界中多数のクライアントにサービス提供し、世界中どのポート(港)にも原産国から直接ドラムに私たちの蜂蜜をお届けしています。